ゲーミングPC

やっはろ〜
由比ヶ浜みいです。

一人暮らしをするようになってからゲームにはまっています(^ ^)
まずSwitch買ってスプラトゥーン2にハマって、
次に携帯版PUBGを毎日やっていて、
次にDSのモンハンをたまにやっていて、
あとは、、、、、
そのくらいか。笑

そして今新たに欲しいものが、、、
それはゲーミングPC!!!!!!

MacBookでもできるのかな〜?
と思って調べたのですが、
おすすめしない!という情報しか出てこない。笑
容量が大きすぎるもんね、、、。

とりあえず今はゲーミングPCが欲しくて色々調べているけれど
結構高いんですね、、、。
しかもPCゲームようのコントローラーもあるとかすごいですね!(◎_◎;)

ゲーミンングPCを買ったらやりたいゲームは、
・PUBG
・LittleNightmares
・Quantum Break
・Outlast
まずはこの4こをやりたいですね〜!!!

PUBGはどんなゲームか知っている方は多いと思うので
他のゲームの簡単なあらすじ?をご紹介します。

・LittleNightmares
⇨囚われの身となった少女シックスを操作し、さまざまな謎を解きながら”胃袋”の名を持つ巨大船舶「モウ」からの脱出を目指します。
パズル要素の強いサスペンスアドベンチャー。モウ内にある各部屋は独房のようになっており、そこにいる住人たちはシックスにとって脅威となる。
シックスの動きやアクションを熟知し、常に死と隣り合わせの状況を打開する。

・Quantum Break
⇨時間の流れが崩壊した世界で、特殊能力を身につけた 2 人の男の物語が始まる。
一方は、時間軸を旅しながら身につけた能力を使うことに取りつかれ、
一方は、時間軸が破壊し尽くされてしまう前に、能力のとりことなった男を倒し、世界を正常な状態に戻そうとする。
圧倒的に不利な状況となった 2 人は、未来を変えてしまうような大きな選択に迫られる。
ゲーム内でのあなたの選択が、ゲームとドラマの融合した世界に影響を与える。(Quantum BreakHP参照)

・Outlast
フリージャーナリストのマイルズ・アップシャーの元に匿名の人物から内部告発を記したメールが届いた。
内容はマーコフ・コーポレーションという医療会社が慈善事業として運営している精神病院において、
莫大な利益と引き換えに非人道的な治療法が行われているというものであった。
早速愛用のハンディカムと共にコロラド州に飛び、山頂にそびえる巨大な隔離施設「マウントマッシブ精神病院」を訪れたマイルズだったが、
彼を待っていたのは血と暗闇と狂気の支配する地獄だった。
そして畏れと共に囁かれる言葉「ワールライダー」とは何を意味するのか。極限の恐怖と死の危険が迫る中、マイルズは真相に向かっていった。(Wikipedia参照)

どれも面白そうな内容ですよね!!
当分買う予定はないのでYouTube実況でもみて楽しみたいと思います。笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*